第2回 虫歯のレベル|Junkoのつぶやき|長久手の歯医者・歯科 横井デンタルクリニック

長久手の歯医者・歯科 横井デンタルクリニック旧ながくて横井歯科

診療予約・往診等のご相談

診療時間

(TEL)0561-64-6480

Junkoのつぶやき

はじめまして

こんにちは、jyunkoです。今日は虫歯のレベルと具体的な治療についてお話しようと思います。前回でもお話しましたが、虫歯は進行具合によってC0〜C4までのレベルに区分されます。

C0

キシリトールガムもOK これは初期虫歯といい、エナメル質が溶け始めた状態で、まだ痛みなど自覚症状がありませんし、フッ素入りの薬用歯磨きなどを使用することで 再石灰化する場合もあります。

C1

1回で治ります! これは少し進んでエナメル質が更に溶けた状態です。冷たいものがしみるなどの自覚症状が現れます。この程度ですと、少し削って樹脂の詰め物をするだけですので、一回の治療で終了します。

C2

部分的に銀歯の詰め物に! エナメル質の内側の象牙質まで進行している状態です。何もしなくても痛むことが多くなりますので、多くの患者さんがこの状態になって来院されます。治療は腐食した部分を削って金属の詰め物をすることになりますので、最低でも2回は通院していただくことになります。

C3

「へへへ」 更に進行して象牙質の内側にある神経まで達している状態です。かなり痛みますし、歯茎や頬が腫れることも。治療は歯の神経を取り除いて歯根だけ残し、差し歯ということになります。

C4

バギン こうなると激しく痛むだけでなく、ほぼ歯根だけしか残っていません。もちろん、歯根も腐食していますから、基本的に抜歯するしかありません。抜歯した後は傷が塞がるのを待って部分入れ歯やブリッジなどを施す必要があります。

年齢を重ねても自分の歯で噛むためには、抜歯はできるだけ避けたいですよね。当医院では可能な限り抜歯を避けて治療するように心がけていますが、あまりにも進行の度合いが酷いと、やむなく抜歯することになります。「あれ?虫歯かな?」と思ったら、できるだけ早めにご来院くださいませ。