第3回 歯磨きについて|Junkoのつぶやき|長久手の歯医者・歯科 横井デンタルクリニック

長久手の歯医者・歯科 横井デンタルクリニック旧ながくて横井歯科

診療予約・往診等のご相談

診療時間

(TEL)0561-64-6480

Junkoのつぶやき

歯磨きについて

キシリトールガムもOKこんにちは、jyunkoです。
今日は歯磨きについてお話しますね。

歯磨きの基本は歯と歯肉の境目に歯ブラシの毛先を45度に当て、一本ずつ磨くように細かく振動させることです。
また、食事をしたらできるだけ早く、少なくとも30分以内に磨くことが大切です。
食後の歯磨きを怠ると、口腔内に残った糖質を細菌が分解して酸を作り出します。その酸によって少しずつ歯が溶けていくのです。
ですから、細菌にその隙を与えないよう、できるだけ早い歯磨きが良いのです。

「食後すぐに歯磨きをすると、かえって歯のエナメル質を傷めるから、30分程度してから磨く方が良い」という情報もありますが、これは基本的に誤りです。この説は2006年頃からTVのバラエティ番組などが取り上げるようになって広まったようですが、日本小児歯科学会は2012年に公式サイトでこれを否定しています。

※参考:日本小児歯科学会公式サイト「食後の歯磨きについて」

就寝前の歯磨き尚、食後と同様以上に大切なのが就寝前の歯磨きです。就寝中は唾液の分泌が減少するため、口腔内では細菌の活動が活発になるからです。
皆さんは寝る前にちゃんと歯磨きをしていますか?虫歯リスクが一番高くなるのは寝ている時なんですよ。

その他、歯磨きにはプラーク(歯垢)を除去して歯石を防止する効果もあります。プラークを単なる「食べ滓」と思っている人もいますが、実はまったく別のもので、細菌とその代謝物がかたまったものなんです。このプラークをそのままにしておくと、数日で石灰化が始まり、やがて歯石へと変化します。
こうなるともう歯磨きでは除去することができません。ご存知のように、歯石は虫歯だけでなく口臭や歯周病のリスクを高める怖い存在です。
ですから、毎日の歯磨きがとても大切なんですね。